HOME>記事一覧>がん治療の実績が上がっていて保険の見直しが急務です

目次

若いうちから備える

その生涯において、二人に一人ががんと診断される時代です。覚悟が必要なことは確かですが、がんは早期の発見と治療で根治が期待出来ます。しかし、治療期間中の経済的な負担は大きいと言われています。それをサポートしてくれるのが、がん保険ではないでしょうか。がん保険の種類は多岐に及んでいて、保険会社や加入時の年齢によって掛け金も違ってきます。ライフスタイルや所得に応じて商品を選択するべきですし、担当スタッフにおすすめのがん保険を尋ねるのも良いでしょう。一時金や通院給付を含めて、有事に備えることが鍵になります。

変わるがん治療

かつてのがんの治療と言えば、長期の入院をするのが当たり前でした。しかし、現在は通院治療が中心となっています。例えば血液のがんの悪性リンパ腫ですが、外来治療で抗がん剤治療が行われます。これだと仕事をしながら治癒を目指せるのですが、がん保険の通院給付金を貰えなくなります。おすすめのがん保険としては、がんと診断をされた際に貰える一時金が手厚い保険です。また、医療保険が使えない先進治療をサポートするタイプもあります。生前に必要なお金を先に受け取れる、リビングニーズ保険も増えています。乗り替えも含めてですが、将来を見据えて加入することが大切です。

広告募集中