HOME>アーカイブ>働き盛りでがんを発症したら仕事を続けながら通院して治療するのに欠かせない職場の協力体制

保障範囲が医療保険より幅広い保険商品

保険プラン

2人に1人が一生のうちに何らかのがんに罹るといわれて時代なので多くの人ががん予防対策に関心を持っています。また、がんが発症した場合、罹るがんの種類や部位によっては通院しながら仕事を続けることが困難なケースもあります。更に、医学の進歩により治るがんも増えてきたとはいえ、術後5年生存率が低くて早死するか、治療に長期間を要したり、あるいは、自己負担費用が高額になることもあります。がんは高齢になるにつれて発症率の高まる病ですから保険料負担を安く済まそうとすれば若いうちからがん保険に加入しておこうとする人が多いようです。そこで、保険各社のがん保険の保険商品を比較してみると医療保険より保障範囲が広く、複雑になっています。保障範囲としてがん診断、通院や入院及びがん手術と先進医療など、治療の際の給付金が手厚く用意されて、おすすめの商品もあります。

保険に加入したら放置しておかない心構え

男女

保険各社はこうした給付金を組み合わせた保障内容で他社との差別化を図った多数のがん保険商品を販売中です。従って、加入を検討する場合は自分のライフステージなどをベースとしてどの給付金を手厚くしたがん保険を選ぶべきか、保障内容の特徴を商品毎に比較する必要があります。同一の保険会社でも保障内容の特徴が大きく異なる商品を販売しています。そこで、加入したり、乗り換える場合、各社毎にも比較した方が良いでしょう。但し、がん治療法は日進月歩の感があるので、加入したからといっても長期間、そのままにしておかない心構えを持つことが必要でしょう。おすすめの商品を選んでも保障内容の見直しが適宜必要だということです。

先進医療特約を付保して安心感の担保

受付

特に、近年、がん手術で入院しても短期入院化が進み、通院治療に重点が置かれるようになっているので、通院給付金の手厚い商品の方がおすすめ商品になるわけです。仕事中の人が手術前後でも退職せず、通院しながら治療を希望するケースが多くなっています。治療法として抗がん剤などを使用する化学療法と手術療法の他に放射線療法が代表的ですが、発症したがんの種類や部位、あるいは進行状況などにより担当医との話し合いで決められます。そこで、がん保険加入を検討する場合、この三大治療法以外に先進医療法が最近、脚光を浴びています。身体への負担の少ない治療法ですが、技術料が全額、自己負担となり、1千万円を超えるケースもあります。

広告募集中