特徴を正しく理解して活用しよう

説明

逓増定期保険を節税で活用する時のポイントは、決算がもうすぐだからと言ってすぐに契約してしまわないことです。決算だからと言って焦って契約してしまうと、解約時に損をしてしまう恐れがあるからです。なぜそのようなポイントがあるのかというと、逓増定期保険は節税できるというメリット以外にデメリットも存在しているからです。そのデメリットを正しく理解していないと上手く活用することができないのでしっかり理解することが大切であるといえます。まず考えなければならないことは、逓増定期保険が自分の会社にとって本当に必要なのかどうかです。この保険はすべての会社に効果があるというわけではなく、条件が合わなければ損失を出してしまう恐れがあります。したがってこの保険を解約した時のお金の使い道まできちんと計画してから利用するようにしましょう。そうはいっても逓増定期保険は決算直前時でも効果的な節税を期待することができます。例えば売上がたくさんあった年で手元にキャッシュがたくさん残ってしまった場合、会社のお金を貯めながらキャッシュを最大化することも可能です。このプランは利益が年々上昇している会社に有効で、解約返戻金によって新たな設備投資などに利用することができます。

商品をきちんと比較しよう

硬貨と貯金箱

節税のために逓増定期保険を選ぶのであれば、さまざまな商品をしっかりと比較して、会社にとって一番良い商品を選ぶようにしましょう。逓増定期保険は保険会社ごとに保険料や返戻率などの条件が異なるからです。仕事を行う上では綿密にビジネスプランを立てて実行していく方が多いですが、保険となるとあまりよく調べないで営業マンが勧めてくる商品を契約するケースが多いのではないでしょうか。勧められるままに商品を契約してしまうと、後で考えてなかったような損失が出てしまう恐れがあるので注意が必要です。逓増定期保険を選ぶ際には、メリットやデメリットをしっかり把握しておく必要があります。まずメリットにはどのようなものがあるかというと、保険料を損金算入しながら経営者に万が一のことがあった場合の保障になる点です。経営者が万が一のことがあると、銀行などからの信用が落ちてしまい融資がストップしてしまうケースもあるのではないでしょうか。そのような時にこの保険を活用すれば、融資が止まってしまった分の補填をすることができます。また社員への給料や賞与にも充てることができるので、社員たちの生活を守ることができます。

広告募集中